日焼けの対策について

Slim girl in blue striped bikini on seashore
日焼けの対策まとめ|日焼け止め薬の使い方について

女性にとって、誰でも雪のように白い肌がほしいでしょうね。特に夏になると、日焼け止めなどの化粧品が必要ですが、日焼け止めの使い方がほんとうに知っていますか。これから紹介させていただきます。紫外線は美容の敵ですから、紫外線からお肌を守るために日焼け止めのタイミングと使い方を了解して、正しく使用してください。

日焼け止めのタイミングと使い方について
まず、日焼け止めのSPFを使い分けることです。通常の家事、洗濯物を干したり、近所へ買い物くらいならSPF15~20、PA++くらいのものでいいです。海や山など紫外線を直接浴びる場所であれば、SPF30ぐらいを使うようになります。しかし、SPF30を超すと、もう紫外線カット効果はほとんど変わらないといわれています。塗った部分を手でこすったり、汗で流れてしまわなければ、日焼け止めクリームの効果は5~6時間はもちます。

しかし、顔は常に動いているもので、夏のカンカン照りの下を歩けば汗で流れ落ちてしまいますし、ハンカチで汗を抑えていても日焼け止めクリームははげてきます。こんな時は、2~3時間おきに日陰に入って塗り直したほうがいいでしょう。直射日光の当たらない室内で、常温で保管して、基本的に日焼け止めは開封後1年経たない日焼け止めも使用できない可能性があります。油分と水分がもともと分離されているタイプの日焼け止めもありますが、古くなっている場合、油分が酸化し、水分と混ざり合わなくなっています。使用前に確認してみましょう。

日焼け止め、化粧下地どっちが先が正しいの!
日焼け止めと化粧下地では、基本的に日焼け止めを先に肌に塗るのが正しい塗り方です。日焼け止めの目的は日焼けを防ぐこと、そのためには顔全体にムラなく均一に伸ばすことが重要です。化粧下地の目的は肌を整え、その後に重ねるファンデーションをより密着させて持ちをよくすること、そのためにはファンデーションの直前に塗る方が効率的です。さらに、日焼け止めを塗った上に化粧下地・ファンデーションの層を重ねることで、より効率的に日焼けを防ぐことができます。

日焼けの対策まとめ
真夏の日中は、サンサンと太陽が降り注ぎ、美白女子の大敵である紫外線が常にお肌を危険にさらしています。日傘や帽子、日焼け止めクリームを塗りたくっている方も多いのではないでしょうか。

・日焼け止めを使用する
日焼け対策をする上で、日焼け止めは必須アイテムです!日焼け止めは種類が豊富なので、自分の目的に合ったものを選ぶことをおすすめします。使用シーンに合わせて、SPF・PAの指数が最適なものを選びましょう。また、日焼け止めはSPF・PAの指数に関わらず、2~3時間おきに塗り直すことをおすすめします。

・帽子や日傘も活用しよう
帽子や日傘は日焼け対策には効果的です。日傘はUVカット加工されているものが良いですし、帽子はつばの大きいものは顔全体が隠れるので日焼けしにくくなりますね。

・紫外線を受けにくい服装を選ぶ
紫外線から肌を守るには、肌を覆いやすい長袖や襟のついた服のほか、紫外線を防ぐのに有効な素材や色を選ぶなど、紫外線対策になる服装を身に着けるようにしましょう。また、外出の際はなるべく日陰を歩いたり、時々建物や地下道に入るなど、紫外線を続けて長時間浴び続けない工夫をしましょう。

・日焼け対策に有効な食べ物!
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE。どれも紫外線対策に非常に有効な栄養素です。特にビタミンCは紫外線対策に効果のある化粧品にも多く使われているので、その効能をご存知の方も多いのではないでしょうか。トマトはビタミンCだけでなく、A、Eも豊富。中程度の大きさのものを2個摂取すれば1日のビタミンACEの摂取量の半分以上が補えるという優れものです。また、最近注目されている、トマトに含まれるリコピンは肌の老化を抑える抗酸化力が抜群!低カロリーで高い効果。ぜひ、紫外線の強い力には積極的に取り入れてください。

強い紫外線や乾燥やストレスなどの原因でシワは肌トラブルが出ています。美白やシワの改善するために色々方法を試します。どうすれば美しい白い肌を持っています?⇒

美白医薬品購入|スキンケア・シワ改善

 

本ブログは日焼け止めの正しい選び方法や、使用方法等の情報を紹介します。