日焼けしてからの皮膚ケアについて

夏になると、日焼けをする機会が多くなります。

では、どうすれば、日焼けをしてから体ケアをしますか?以下でご紹介します。

1.冷やす

日焼けはやけどの一種と考えられています。ですが、まずは冷やすことが大切です。

冷たいシャワーを浴びて、日焼けした部分を冷やしましょう。シャワーを浴びてから濡れタオルを巻いたり、保冷剤や氷水で冷やすのも効果的です。

顔の部分には冷やした化粧水を浸してコットンパックをするのもいいですが、元々肌が弱い方や、日焼けの程度が重い人は、コットンの繊維さえも刺激になってしまうことがあるので肌の状態を見て、十分に気をつけて行なってください。

しかし、体の冷やしすぎで風邪をひかないように注意してください。

2.保湿する

冷やした後はしっかりと保湿をします。日焼けをしている場合にはもちろんですが、日焼けしていなくても紫外線に

当たってしまった肌は、UVAによって肌が乾燥しています。

しっかりと保湿しないと、肌質がゴワゴワしたり、深いシワをつくってしまう原因になります。

肌を冷やした後は、掌に化粧水をたっぷりとつけて保湿しましょう。化粧水を塗った後は、クリームなどを塗ってください。

化粧品のクリームを体に塗りたくない場合には、ドラッグストアなどにある市販の軟膏もおすすめです。

日焼けはやけどなので、効果の欄に「やけど」と記載されているものを選ぶのがポイントです。できるだけ薬剤師さんに

相談しながら選ぶようにしてください。

また、直接保湿してくれるわけではありませんが、ワセリンも効果的と言われています。

化粧水をしてから塗れば、化粧水の効果を閉じ込めてくれるので保湿効果も楽しみできます。

肌がひりひりして化粧水がしみてしまう場合には無理に塗らなくて大丈夫です。そういう場合は、気になったら皮膚科に

相談するようにしましょう。

海などに出かける日は、あらかじめ化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておくといいかもしれません。

3.水分補給をする

肌の乾燥を補助するには、外側から保湿するのは言うまでもなく、内側から保水することも大切です。

水をたくさん飲むほど、肌の水分量はアップすると言われています。脱水症状の予防にもなりますので、海やプールで

遊んだ日は特にしっかりと水分を補給するようにしましょう。コーヒーやお茶には利尿作用があるので、常温の水を飲むように

してください。また、II度以上の日焼けの場合はお医者さんの指示にしたがって、ちゃんとケアしていくようにしてください。

本ブログは日焼け止めの正しい選び方法や、使用方法等の情報を紹介します。