美白ケアの方法

女性にとって、誰でも雪のように白い肌がほしいでしょうね。色白になる方法になりたい人は押さえておきたい健康の話しです。美白の基本はこれだけはしっかりと守りなければなりません。

・日焼け止めは夏しか使わないという人は注意しましょう。洗濯物を干す時、ごみを出す時など、日焼け止めを塗っていない状態で紫外線を浴びる時間は蓄積していくことを忘れないようにしましょう。通常の家事、洗濯物を干したり、近所へ買い物くらいならSPF15~20、PA++くらいのものでいいです。海や山など紫外線を直接浴びる場所であれば、SPF30ぐらいを使うようになります。

しかし、SPF30を超すと、もう紫外線カット効果はほとんど変わらないといわれています。塗った部分を手でこすったり、汗で流れてしまわなければ、日焼け止めクリームの効果は5~6時間はもちます。

しかし、顔は常に動いているもので、夏のカンカン照りの下を歩けば汗で流れ落ちてしまいますし、ハンカチで汗を抑えていても日焼け止めクリームははげてきます。こんな時は、2~3時間おきに日陰に入って塗り直したほうがいいでしょう。直射日光の当たらない室内で、常温で保管して、基本的に日焼け止めは開封後1年経たない日焼け止めも使用できない可能性があります。油分と水分がもともと分離されているタイプの日焼け止めもありますが、古くなっている場合、油分が酸化し、水分と混ざり合わなくなっています。使用前に確認してみましょう。

・美白を成功させるために欠かせないのが、肌の水分です。肌をしっかり潤すことで、シワやたるみを防ぐ効果もありますが、様々な美容成分をきちんと肌の奥まで届けてくれるという役割も果たしています。化粧水や乳液は、保湿力重視の物をチョイスするといいでしょう。乾燥はシミ・ソバカスのもとにもなってしまうので、お肌は常に潤いを与えてあげます。表皮がしっかり潤っていると、肌の新陳代謝が活性化し、肌のハリと弾力の素であるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が十分につくられるようになります。

・トマトに含まれる抗酸化作用によって、肌が若々しく保たれて美白効果をもたらします。特に日焼けが気になるこれからの季節に効果を発揮します。リコピン16mgを含む55gのトマトペーストを12週間とり続けたところ、紫外線におよる紅斑を抑え、さらに肌のコラーゲン分解酵素が減少した」という、人を対象に行った研究結果があります。トマトをよく食べたほうがいいと思います。

本ブログは日焼け止めの正しい選び方法や、使用方法等の情報を紹介します。